1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第8回 岸川さんのユウウツ


博多に戻ってすぐに岸川さんに東京での様子、三浦氏との話などを報告に行った。
「そうか、そういう話になったか…。三浦光紀がそこまで言ったなら、レコードの方はまぁ大丈夫だろうな。問題はプロダクションだな。」東京に生活の基盤を移せばレコードデビューは確実になるが、レコードが出た時にはプロモーション、広告宣伝費など莫大な費用がかかる。ましてや一人ではない、メンバー全員のことを考えると東京での生活に不安がある。どうしてもプロダクションと契約してそのすべてを賄ってもらう必要がある。
「三浦光紀には俺からも、時々電話するから。いい結果を待つしかないな。」

岸川さんは純粋に音楽が好きで、アマチュア・バンドのために「歌え若者」というラジオ番組を作り続けていた。チューリップを世に出したと言われ、海援隊、甲斐バンドを後押して、福岡の音楽シーンの中で一目置かれる存在になった。岸川さんはアマチュア・バンドがプロを夢見ることは否定しない。いいバンドがいればプロになってもやれるんじゃないかと思うこともある。しかし岸川さんに認められればプロになれると錯覚するバンドからデモテープが送られてきたり、プロになりたいという相談には冷たく突き放す人だった。我々の場合、岸川さんに「プロになりたい」などと言わなかったし、相談もしなかった。我々自身が「プロになれればいいなぁ」という程度の意識のままだった。結果的に岸川さんの口利きでコンテストに出て、三浦氏を紹介され、プロへの具体的な話が進んでいったのである。

こうなってから岸川さんの後押しはすごかった。KBCラジオ専属アマチュアバンドと化したように岸川さんの受け持つ番組、イベントに何度も呼ばれた。この時も「今度、岩田屋の屋上で「歌え若者」の公開録音やるから空けといて」「空けとくも何も、照和のステージ以外何もないですよ。」東京から帰ってきた最初のステージは岩田屋屋上での「歌え若者」だった。

「今度の日曜日さ。2時から1時間、ラジオの生放送。演奏はせんでよか。」「はぁ?なんですか。それ?」「○○番組のゲスト出演たい。」「へっ?ゲスト?ワシらがですか?歌わんでいいとですか?歌わんでギャラが貰えるとですか?行きます!行きます!でも、何ばすればいいとですか?」北海道出身の「ふきのとう」がメインゲストで出演。我々とクイズ合戦。クイズに正解すれば自分たちのレコードが番組で放送されるということだった。この時、我々のレコードといえば「交差点の世界」の中の3曲とシングル盤「五月」。勝ち負けはどうだったか?当然!…覚えていない。

板付近くの中古車販売センターで公開放送と店開きのイベント。司会はバッテン荒川さん。
「久保、起きやい!遅れるぜ。」低血圧の久保は朝が弱い。低血圧だけでなく夜更かししすぎでもある。「打ち合わせがあるけん、ワシは先に行くけんね。遅れやんなよ。」合宿所に一緒に住んでいて、私だけいつも先に出かける。人を待たすことが出来ない几帳面な性格なのだ。久保のようにはどうしてもなれない損な性格だと思いつつ「お前たちも遅れんごと、ちゃんと久保ば起こして連れて来いよ。」と言い残して家を出る。誰もワシと一緒に行こうと言わない。マネージャー兼リーダー兼ボーカル。多忙である。でもギャラは同じ…なんか損してるなぁ。
「また、久保は遅れるとか?」一人しか来ないバンドに岸川さんも最初は不安そうだったが、最近は慣れてきた。「すいません。間に合うようには来ると思いますんで…」
番組では1〜2曲だがイベントも兼ねているので他に1時間ほどのステージをする。メンバーが揃って状況を説明すると、久保が異をとなえる。「打ち合わせにお前がおらんけん、しょうなかろうもん」この一言で久保はしぶしぶ納得する…居らん方が話は早かったりする。

「ラジオミュージカルっていうのをやるったい…」岸川さんもどう説明しようか思案中…。
民放連のなんとかコンペに出す番組を制作するそうな。「舌切り雀」をモチーフにしたミュージカルである。主演はお米ばあさんことバッテン荒川さん、出演は我々を含めて7〜8人。「歌え若者」で馴染みの第1スタジオに深夜集まって録音開始。ミュージカルだから歌がふんだんに出てくる。我々はその演奏、バックコーラス、騒々しい雀の子供たち。譜面をその場でもらい音合わせをしていく。リハーサルを何度がやって本番。生放送でないから結構気楽に遊べた。さて、このラジオミュージカルは放送されたかどうか誰も知らない…私は聴いてない。

留年した年の「七隈祭」で第4食堂で催したフォークソング愛好会のライブは3日間で3000人を超える観客を集め大成功をおさめた。これを期に我々は愛好会を離れた。最後の「七隈祭」だった。ところがこの年、岸川さんに呼ばれて「七隈祭」に出演することになった。グランドに設置された「七隈祭」のメインステージで行われた公開録音である。「おっ、今日は全員揃うとうやないか。」岸川さんの軽いジャブ。「はい、この時間だと久保も起きてるんで…。」「歩いて来れるってのがいいですね。」「七隈祭か。なんかなつかしかですね。」と、まあそれぞれ勝手に話し出す。「あー、分かった。分かった。まず、メシ食いに行こう」という岸川さんの一言で今度はどこが美味い、あそこにしよう、そこの何がいいと騒ぎ出す。「お前らほんとにしぇからしかねぇ。ここにするぞ。」目の前の喫茶店に決定。

翌年の春「歌え若者」で妙安寺ファミリーバンド・フェアウェルコンサート。まもなく上京するという仮定で岸川さんが企画してくれた。そして岸川さんが番組の最後で挨拶した。「妙安寺が7月にレコードデビューすることが決定しました…」お客さんがどよめいた。それ以上に驚いたのが横に並ぶ当の本人たちだった…。


あとがき

「岸川さんのユウウツ」とタイトルをつけたものの、何をどう書こうか悩んでしまい、しばらく書けなくなってしまった。岸川さんがほんとに憂鬱だったかどうか知らないし、なんとなく語呂がいいからつけてしまったのだ。書き始めて解かった。要は岸川さんから妙安寺ファミリーバンドが本気で応援してもらったことを書きたかったのである。
岸川さんの話によるとフィリップレコードの新譜情報に妙安寺が7月デビューと書いてあったらしい。その話が流れた時、岸川さんは三浦氏に随分抗議したらしい。「あいつとは絶交だ。」とも言っていた。
しかし、そんなことより岸川さんとその後も親しくお付き合いさせていただいたことのほうが嬉しい。特に久保の仲人さんになったのには驚いた。そんな面倒なことを引き受ける人だとは思わなかった。仲西が「テディベア」というレストランを出した時、家族を連れて何度も足を運んでいただいた。おかげで仲西は岸川さんを「マブダチ」と錯覚するようになった。
昨年暮れ、岸川さん一周忌勝手に追悼ライブをおこなった時、タカヒロが作ったパネルをメルボルンに持って帰ってきた。部屋の壁に久保のパネルと並んで飾っている。
実家の「妙安寺」に岸川さんのお墓を建立していただいた。最後の最後まで、切っても切れない岸川さんとの縁を私は大切に心の中にしまっている。

 いちろう 2008年6月18日





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:34 /172563 th