1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第10回 唐津・虹の松原


福岡市から西におよそ45キロ、佐賀県唐津市にある鏡山。遠い昔、朝鮮に出征する恋人を見送ったという佐用姫伝説で有名である。別名「領布振山」とも呼ばれている。また福岡大学の遠足(1970年物語第12話)でも有名…な、わけがない。が、馴染みの山でもある。その麓に雄大に広がる、日本三大松原のひとつと言われている虹の松原がある。この年の夏休みは「虹の松原シーサイドホテル」での仕事が入った。ただし土曜、日曜の毎週末の2日間、プールサイドでの演奏である。
前年の別府・杉の井ホテルと2年連続のプールサイドでの仕事。私の営業努力の賜物である、と言いたいが周りのバンドはこの時期、メンバーが帰省したりして休止状態が多かった。そこでどんな過酷な条件でもなんでも、すべて請けてしまう我々が重宝されることになる。照和に出始めてから久保(愛媛)、藤永(熊本)、木下(鳥取)に帰省禁止を言い渡していた。

玄界灘を右に見て202号線を走る。生の松原、長垂を過ぎ、糸島半島をぐるりと回ると遠回り。虹の松原までの海岸沿いには数多くの海水浴場と蒙古襲来の時に築かれた元寇跡が至る所に見られる。土曜日の朝に合宿所を出て昼ごろまでに現地入り。従業員宿舎の一部屋を控え室兼宿泊用として割り当てられる。荷物をそこに置いて、早速プールサイドへ。名前の通り、海辺のホテル。海岸とプールの間には柵があって、ホテル客は出入り自由。海で泳げてプールでも泳げる…だけんナン?泳げない私には興味はない。プールサイドで2時間おきの30分ステージ。午後から3回のステージをこなす。休憩時間は海で遊んだり、プールサイドで寝転んだり、宿舎で仮眠したり…。食事は従業員宿舎の食堂での有難い賄い飯。

余談になるが、ここ唐津は私のおふくろの故郷で、私にとっては第2の故郷である。おふくろの実家もお寺で、おふくろが亡くなる12の頃まで毎年遊びに来ていた。
市内の坊主町に「近松寺(きんしょうじ)」というお寺がある。元藩主の菩提寺であり…2部第1話で勉強しましたね。浄瑠璃作者の「近松門左衛門」が幼年期に此処で学び、その関係で分骨され墓碑が建立されている。近松門左衛門の「近松(ちかまつ)」の名はこのお寺の名前をつけたと言われている。当然ながら近松寺はオフクロの実家ではない。実家は大乗寺といって近松寺の向かいにあるお寺。この時、十数年ぶりに挨拶に立ち寄った。
「いちろうね?なんばしよらしたね?ちぃとも顔見せんでから、この子は」おふくろそっくりの次女の叔母。長女のおふくろが嫁に行き、叔母さんが養子をもらって寺の後を継いだ。以下6女まで全員女の姉妹。それもみんな体格が良い…簡単明瞭に言えばデブ。奥からヨタヨタと祖母が現れた。「ほぉ、いちろうか…誰の子やったかのぉ?」…あはっ、ばぁちゃん、ボケ?「最近は、焼酎に蜂蜜入れて呑んどるもんのぉ。うまかバイ。お前も飲むか?」…朝から焼酎かい!「焼酎は身体に良いけんねぇ」…身体に良くても頭には悪かろうもん。「ばぁちゃん、長生きしいよ。また来るけん。」

唐津の繁華街でそのころ毎週土曜夜市が行われていた。イベントの関係者からお呼びがかかった。
「ギャラは少なかですが、出てもらえんですか?」土曜の夜は暇にしている。見物がてら土曜夜市をのぞきに行こうとなった。結構な人出で、町は活気に溢れていた。仮設のやや狭い舞台で1時間ほどのステージ。客の乗りもよく演奏を楽しめた。「ありがとうございます。夢本舗さんから紹介されたと言うより勝手に交渉に行けといわれたもんで…。妙安寺さんに出てもろうて盛り上がりました。ギャラが少なか分、飲んでいって下さい。」この時の酒飲みは私と仲西。後の3人は飲む方ではなかった。お言葉に甘えて飲み始めた。地元の音楽状況を聞き、なんだかんだと思いつくままに喋った。ステージの後の飲み会は結構こういう話題が多い。音楽を通しての町おこし…みたいな。みんなそれぞれ自分なりに一所懸命なのだ。

気がつくと私は一人残されていた。みんなは先に帰ったとか…薄情なやつらである。まぁいいか私にとっては半分地元みたいなもんだから適当に帰れるのだ。外に出ると女の子が一人ついてくる。「あれ?お前まだいたの?」福岡から来た女の子。飲み会に誘ったらついて来た。酔い覚ましに西の浜の海岸まで。「お前、今から帰れるんか?」「もう、汽車もバスもなくなった。」時計を見ながら、か細く答える。「げえっ、泊まるところは?」首を横に振る。「ホテルの宿舎はみんなで雑魚寝やし寝る場所はないけん、連れて行くわけにいかんしなぁ…」頭の中が回転し始め、酔いが大胆にする。「どこか、ホテルに泊まる?」首を今度は縦に…。
どのくらい歩いたのか?やっと見つけたホテルに入った。「汗かいたろう?先に風呂に入り。」胸は高鳴る、目は霞む。喉が渇く、冷蔵庫からビールを出して一気飲み。「ふーっ」とため息をついて横になった。酔いと疲れでウトウトとしてたらしい。部屋の電気は消してある。彼女は覚悟を決めたのか、大胆にも私にしなだれかかってきた。…うっ、重い。彼女がしがみついてくる。…く、苦しい、暑い、離れて。なおも私の身体の上に乗りかかってくる。…うぉー、重い、苦しい、暑い。「誰の足か!早よう、どけんか!」…いい所で目が覚めた。

あとがき

「一行の真実、十行の嘘」の模範的なエッセイになってしまいました。当時若かったみんなにも多少でも、こんな体験があるのではないでしょうか?
海をイメージして書いていると♪二人のなつ〜は…と「愛奴」のメロディを口さんでいました。「シュガーベイブ」と同じ時期にアルバムが出て、同じように解散し、それぞれのバンドからソロとして浜田省吾、山下達郎という二人のビッグアーティストが誕生しました。
私にとって夏の浜辺の歌といえば古くはリガニーズの「海は恋してる」に始まりワイルド・ワンズの「思い出の渚」に変わり愛奴のこの曲…題名なんでしたか?あきちゃん。になりました。

 いちろう 2008年7月6日





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:36 /172570 th