1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第12回 カウント・ダウン・ライブ


博多駅前に本格的なレコーディング・スタジオとして「ヤマハUスタジオ」が出来た。FM福岡がアマチュア・バンドを集めて、ここで公開生放送の「カウント・ダウン・ライブ」を行った。1975年の大晦日…だったと思う。スタジオに100人以上の視聴者が入り、ゲストは名古屋出身の新進バンド「センチメンタル・シティ・ロマンス」。中野督夫、告井延隆を中心にウエスト・コース系の音を出すバンド。どこか馴染みのある雰囲気…プロデュースに細野晴臣。「あっ、はっぴい・えんどだ。」私は好きだった。だが「はっぴい・えんどの亜流」といわれ、残念ながらあまり売れなかった。
我々はこの年の最後の時間に、この年の最後の演奏を行った。この後、カウント・ダウン。新年を迎えて「センチメンタル・シティ・ロマンス」の登場…。実はこの「カウント・ダウン・ライブ」の話はここまで。私は次のカウント・ダウンの場所に行くために演奏を終えるとそそくさとスタジオを後にした。だから、このことはあまり覚えていないのだ。聴きたかった「センチメンタル・シティ・ロマンス」の演奏はリハーサルで十分堪能したから本番は見ていない。うちのメンバーがその後どうしたかも定かではない。私は私の道を行く…。

外に出ると迎えの車。ラジオで生放送を聞きながら時間を合わせて迎えに来てくれていた。目的地はBJ君のブログで話題の牛頚…別に肝試しにいくわけではない。ちょっと手前の春日市は下白水。ここに内藤さんの家がある…誰も知らんやろう!
私はこの頃もミスタードーナツでアルバイトを続けていた。当時、24時間営業だったのでスタッフ、バイトが一堂に会することはなかった。唯一、大晦日の夜9時以降、年に一度の元旦の休業日しか機会はない。「一度みんな揃って飲み会をしたいねぇ」というみんなの希望を叶えるために、内藤さんちが犠牲となって深夜の忘年会兼新年会の宴を催すことになったのだ。

この時代、満足に食事をとっていない欠食児童の我々には手作りの料理というものが、なんとありがたかったことか。小松が丘の合宿所にも時たま、女の子たちが料理を作りに来てくれることがあった。そんな料理でも…ちょっと語弊があるかな?飢えた狼たちにはご馳走であった。が、満足するほど食べる量はない。メンバーのほかに数人、常に誰か遊びに来ていたので、天使の手料理もあっという間に底をつく。そして〆はいつものインスタントラーメン…天使の手料理はどこに入ったのだ?

夜の9時に店を閉めてからの宴会だから始まりは11時過ぎ。私が着いたのは新年になった1時前。カセットテープに録音した我々のライブの模様を聴いて、料理もほとんど手付かずで私を待っていてくれた。思えば昨日の昼からほとんど何も食べていなかった。夕方にスタジオに入って、リハをして本番が始まって…。
20代のこのころ、ご飯を食べながら酒が飲めた。お茶代わりにビールを飲んでいた。それより炊き立てのご飯がなんとおいしかったことか。若いってアホらしい。歯止めが効かなくなった。食べるわ食べる。「門田さん、そげん食べて大丈夫ね。」そげん言われても止まらん。
みんなが呆れ顔でご飯だけを食べる私を見ていた。何杯食べたろう?限界が来た、もう入らない。しばらくするとお腹が張ってきた。トイレに行った…。そして、気を失った…。

空きっ腹で急激に物を食べると、消化するために血液が胃に集中する。頭の血も下がる、要するに貧血になるのである。「門田さん、大丈夫?」ドアをたたく音で気がついた。えっ?ここはどこ?内藤さんちの広いトイレで私は倒れていたのだ…数秒の間だと思うのだが。
トイレを出てみんなにその話をした。「そりゃぁ、あれだけ食べれば、そうなるわな」「異常やったもんね、あの食べ方は…」みんなから散々言われ、笑われた。まぁ、新年の福笑いタイ。今年もよろしくとまた食べはじめた、今度は酒と手料理の方を…。

あとがき

と、まぁ「カウント・ダウン・ライブ」が食べすぎでトイレでダウンしたというとんでもない内容になってしまいました。余談ですがDNAの遺伝子というものはこういうことまで遺伝するのでしょうか?一平が全くこれと同じ状態に陥ったのです。家族でピザを食べに行った時、食べすぎで彼も貧血を起こし、店の中で倒れたのです。公衆の面前です。私は経験上、すぐに理解し、適切な処置をしました…まるでベン・ケーシーのように。そして外で横になって休む彼に、この昔話を聞かせてあげました。私はずっと笑いっぱなしでしたが…

いちろう 2008年8月3日





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:35 /172566 th