1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第17回 再出発


「一郎さん、こげな時期に心苦しいとばってん、俺、バンドば抜けさせてもらうけん。」
仲西の父親が亡くなった。長男の彼は音楽活動に見切りをつけた。確かに、この時期にメンバーが抜けるのは痛かった。しかし、先が見えなくなった今、強引に仲西を引き留めることは出来なかった。それにしても仲西は頑張ってくれた。ベースの萩野の代わりに入れたのに初めての練習の時に、いきなり「ドはどこ?」と言われて面食らった…今では笑い話のネタになる。萩野がそばについて徹底的ベースを教え込んだ。アコースティックからエレキに代えた時は久保がドラムを教え込んだ。バンドの一員になろうと仲西は懸命に練習した…。

「門田さん、仲西さんが抜けるっちゃろ?代わりのドラム、見つかった?」
そう声をかけてきたのが仁井まさお。声が良い、歌が上手い、喋りが面白いと三拍子は揃っている…。
この時期の照和で人気、実力はトップクラスのソロ・シンガーだった。
「いや、これから真剣に探さんといかんったい」
「そんなら、僕の友達に妙安寺に入りたいってのが、おるんやけど」
「まさか。そいつ。いきなりドラムはどうやって叩くんですか?なんて言わんやろうね?」
「はあ?」…そうか、この時みんな「ドはどこ仲西」のことは知らなかったのだ。
仁井まさおに紹介してもらったのが因藤良美(いんどう・よしみ)。彼が妙安寺ファミリーバンド最後のメンバーになる。因藤は素直で人懐っこくて、すぐにバンドに溶け込んだ。曲の構成も数回の練習で覚えた。そんな因藤の加入を我々も素直に喜んだ。そして、仁井に会うたびに感謝の言葉をかけた。

ヤマハからポプ・コン出場の打診があった。「ポプ・コンやら、俺、好かん。出んけんね。」…わぉ、久しぶりに出た久保の食わず嫌い発言。確か照和に最初に出る時もそうだったなぁ。
「久保、ポプ・コンに出る条件で、デモ・テープを作ってくれるらしいぜ。」長年の付き合い、久保を説得する自信ある。今回はなによりデモ・テープを作れると言う方が我々には重要だった。「ねっ、とにかく出よう。ポプ・コンはいつでも止めれるっちゃけん。」…最後の一言が余計だった、と後で後悔する。

ヤマハUスタジオで出場曲のデモ・テープ録り。久保が選んだのは「便り」。ボーカルはカツ。あれ?久保は本気で優勝を狙っている…私はそう思った。好かん、嫌だと言いながらも、出ると決めたら本気モードに変わる。久保なりにポプ・コンという状況を考えた上での選曲に改めて感心する。「便り」は単調なメロディとリズムだが歌にドラマがある。イントロからエンディングまで間奏なしでカツが一気に歌い込む。起承転結に転調を用いたこと、そしてこの曲をカツに歌わせたこと、やっぱし久保のひらめき、センスは素晴らしい。
「久保クン、ちょっといいかな?」ヤマハのディレクターから呼び止められた。
「なんですか?」「この曲、アレンジさせてもらっていいかな?」…あー、知―らない。
「なぜですか?」「ちょっとシンプルすぎて。もう少し盛り上がりが欲しいんだよね。」
「ああ、いいですよ。」…えーっ?久保がアレンジをOKした?ウソやろう。
「そのかわり、僕たちは出ませんから。」…うん、やっぱりね。
ということで、ポプ・コン出場はなくなった。でも、デモ・テープだけは作ってもらった。
録音したのは天神北のアビーロード。いつも練習に使っているのでスタッフとも顔見知り。
この頃の新曲を5,6曲録音した。


あとがき

2ヶ月ほど空白があったので、ちょっと頑張って書いた。なかなか先に進まない。次回かその次あたりでバンド解散かなぁ?書いてる本人がわからないのだからどうしようもない。解散の話で第2部を終わろうと思っている。第3部は照和マネージャー編になる予定。そしてエピローグは「照和伝説同窓会コンサート」。この話だけで2,3回分は書けるな。
というわけで終わるまで、後1年はかかりそうかな。あっ、1年後と言えば還暦だ。よし、還暦までに終わろう。あと13ヶ月が締め切りということで…

いちろう 2008年12月2日





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:36 /172569 th