1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第18回 渡辺プロダクション


ナベ・プロの支社長・福円さんに会ってオーデョンのお願いをした。考えてみれば自分たちから、バンドの売り込みを積極的にやったのは、これが初めて…そして最後。
しばらくして、福円さんからオーデョンをするからと連絡が入った。場所は九州支社にあるレッスン場。このレッスン場でプロを夢見る若い子供たちが、スクール・メイツとして踊りや歌の練習をしている。
機材がない、持込。ということで、いつものように困った時の谷村頼み、ヨシオちゃんに相談。相談とは名ばかり、機材の無料レンタルを頼みに行った。谷村は相変わらず、そっけなく、機材を用意してくれた。その機材の運搬をナベ・プロの営業マン・辛島さんが引き受けてくれた、というか、しぶしぶ手伝ってくれた。辛島さん、しゃべり方、物腰がいかにも業界人という匂いがプンプン、そして、ちょっとヤクザちっく…。
今回、谷村から借りた機材はボーカル用のアンプとスピーカー、マイクは3本。レッスン場に運び込んで、ドラム、アンプをセットして、練習を少々。そこへ福円さん、辛島さんに連れられて、東京本社の制作部長という小柄ながら貫禄十分な白髪の紳士が現れた。我々は、緊張しながら、彼等の前でおよそ30分。曲数にして…5,6曲、歌と演奏を披露した。

機材を返しにいく車の中。辛島さんの雰囲気が微妙に変わっていた。我々を下に見ていた目線がやや上を向いていた。そして、話しかけてくるようになっていた。本社の制作部長は松下さんというお方。なんと、あのスーちゃん、欄ちゃん、ミキちゃんの「キャンディーズ」を育てた人だという。「へー、そんな偉い人が見にきてくれたんですか?」「そうだよ、君たち。俺もびっくりしたよ。」「それは福円さんが随分、後押してくれたからでしょうね。」「それも、あるかもしれないけど、支社長もおどろいていたよ。」とまぁ、こんな話より、我々が気になるのは結果…である。
「門田さん、オーデションの結果は悪くなかったですよ。あと、もう一度、バンドを見たいと、おっしゃってましたから…。いつになるか、はっきりしたことはわからないですが、ライブを見に来るそうです。」ということで、オーデョンの結果は一応、合格ということになった。それから、辛島さんが我々にバンドの仕事を時々、世話してくれるようになった。

「今度、太田裕美がプロモーションで博多に来るんだよね。明治生命ホールでミニ・コンサートをするから、前座で出てくれる?」中洲の北側、昭和通り側にある、明生ホールは「レッツ・ゴー・フォーク」などで馴染みのホール。この頃の太田裕美は「木綿のハンカチーフ」が売れ出した、または、売れている頃だった。そして、彼女は小さくて可愛いかった。
ワシ等が前座に出れば、その可愛さは数段引き立つことだろう…と、辛島さんが計算したかどうか知らないけれど、我々は太田裕美に会える楽しみで前座の仕事を引き受けた。
プロモーションで福岡にやって来たので、過密スケジュールの太田裕美。ミニ・コンサートは彼女の今日最後の仕事。会場は彼女のファンでいっぱい。前座にワシ等がステージに現れると、期待に胸を膨らませファン、一瞬のうちに、期待がため息となって会場をつつんだ。司会者の紹介で演奏を始めた。持ち時間は10分程度。2曲ほど歌って早めに終わるつもりだったのに…。司会者に呼び止められて、もう1曲。アンコール曲では決してない。さらに、もう1曲…。
ワシ等が前座に出ると太田裕美が引き立つだけでなく、時間つなぎになると考えた、辛島さん。あんたは偉い!太田裕美のファンが切れ掛かる寸前に彼女が無事到着。当たり前のことだが、彼女が現れて会場は大いに盛り上がる。こういうことをどこかで経験したなぁと思い出しながら、ステージの横から「木綿のハンカチーフ」を唄う太田裕美を眺めていた。うーん、小さくて可愛かった。


あとがき

2009年の年が明けた。前回書いたように、完結するまでこの一年の猶予である。じつは、この前に別の話を書いていた。読み返して、没にした。どうでもいいようなことを、だらだらと書いる。読み返しても面白くない。面白くないものは読みたくないだろう、と読む人の立場で考えた。そして、こんなものを出すわけにはいかない…と言いながら没にした。が、保存はした。没なら削除!という私と、もっと面白く書き換えられるという私がいる。そのうち「一行の真実、十行の嘘」を駆使して書き直そう。…と、まぁ、この「あとがき」のような感じで書いていた。どうでもいいような話でしょう?
いよいよ次回は第2部最終回の予定でございます。ついにバンドの「解散」です。

いちろう 2009年1月2日





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:34 /172562 th