1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




 第23回 照和出演バンド一覧・その2


【かたつむり】
「マリモ」の永隈晋一、今林清隆に上村、黒田が参加して結成。

【ポチ】
九州芸術工科大学。渡辺康祐ほか(みんなゴメン、名前忘れた。)

【緋紋章】
瓜生徹、深江二郎、吉田(ヨッタくん)、やっちゃん。シンセサイザーにロータリー・アンプ、タムの数が半端じゃないドラムセット…見るからに金がかかっているなぁと。彼らの演奏は「照和」を別世界にイザナウ…。

【野多目ジャグバンド】
中野茂樹、田中義徳(前渕)、永野満彦、久保秀雄、山田、岩永。福大。野多目は彼等の出身高校、福岡商業高校の所在地名。ちなみに甲斐よしひろも卒業生。「麻田浩」「二ッティー・グリッティー・ダート・バンド」のコピーをしていた、カントリー・バンド。

【モンマルトン】
福大愛好会。石橋タカヒロ、坪島淳、野中、緒方徹(西南大)の4人。キン・トリ、ブラ・フォー。王道を行く最後のバンド。

【ピエロ】
「リグビー」を解散した井手雅英、上野俊二、安部俊輔の3人。井手のオリジナルが素晴らしかった。安部が抜けた後、松藤英男(甲斐バンド)、飯沢昭宏が加入し、人気、実力ともトップに躍り出る。福大愛好会。

【ジェフ】
山田“田川のジョン”耕二、石橋“チョットアトキンス”タカヒロ(モンマルトン)、坪島淳(モンマルトン)、山内“BJ”譲治、鷲谷“英山”英志、三島“金太郎”の6名。福大愛好会。

【アップルトゥリー】
石橋秀樹(凌)がいたバンド。毎週、久留米から出張していた。久留米の本拠地は「松の湯」。

【ミルキー・パトロール】
「あかんべえ」の谷村与志雄、霜田賢。「田舎者」の加治、ボーカルに吉岡ヒロシ。

【ラザマナス】
九産大。巨漢・アフロ・タンクトップの重井和博がベースで参加していた。

【ジャップ】
九産大。加藤泰行、坂田修一、照和のジュリー・笠原と渡辺のツインボーカル。…九産大のロックバンドはメンバーの入れ替わりが多く、誰がどのバンドか正確にはようわからん。顔は知っているが名前を知らなかったり…。

この後、我々は「照和」を引退。そして再登場まで半年ほどブランク。その間に入って、消えたバンドは当然のことながら知る由もない。

【仁井まさお】
九産大。声はいい、歌は上手い、しゃべりは面白い。「回帰線」でデビュー。

【シティ・ドッグ】
永隈晋一。晋ちゃん、バンドが長続きしないのはなぜ?

【モッズ】
森山達也が結成したがメンバーが入ったり辞めたりの繰り返し、最後にベースに北里が入ってやっとメンバーも安定して、実力が発揮されるようになった。

【長渕剛】
初デビューの「雨に嵐山」に?「長渕剛(ごう)」に??挫折を乗り越えて大きく羽ばたいた。

【ノバ】
九産大。木戸一成、渡部浩司、大塚輝信、吉牟田一郎。九産大。「風の中で」でデビュー。デビュー後、しばらく福岡で活動していた。

【金尾義郎】
福大。ソロ活動を経て、「金尾義郎とレイニーウッド」結成。「金尾義郎&ウエスト」を再結成し「東京トゥナイト」でデビュー。

【シャイアン族】
福大。山本初男、松尾哲文、岡田公義の3人。ステージでの楽しさを追求した究極のバンド。こんなバンド、いままで見たことも聞いたこともなかった…。

【西田恭平】
ヤマハの音楽祭でグランプリを獲得した「鐘」でデビュー。一念発起、「照和」に出演。福大。久留米出身。

【シュールモア】
ロックの九産大、最後のバンド。メンバーの名前…あっ、覚えてない。だって、ベースの熊谷以外、誰もしゃべらないんだもの。

【岩切みきよし】
九産大。今も福岡でぼちぼち、こつこつ、やっているようで…

【スイートポテト】
西南大。甲高い独特の声の斎藤、ひょろりとした長身のベース占部裕司、でっぷりとまん丸の一井寿一(九大)の3人。

【オリジナルペンタコード】
福大愛好会。尾元武、浦川、満永、荻野、ベース?の5人。

【クリ―ミー】
福大愛好会、最後のバンド。山室、大戸、古賀、あと一人の4人。

【山田満太郎】
洒落た雰囲気を持っていたソロシンガー。ちょっと大人しすぎた。

【ミッキーマウス】
長尾慎一郎、松岡信夫、高倉、あと一人の4人組。ビートルズのコピー。

【ロッカーズ】
陣内孝則、鶴川、穴井仁吉、谷、宮本。「モッズ」の森山が主催した「ロックディ」から「照和」に登場。

【ティニーボッパー】
糸岐ユキコ率いる「照和」初のレディースバンド。ロッカーズ同様、森山の「ロックディズ」から頭角を現し、オーディションを経て「照和」のレギュラー入り。


あとがき

まぁ、こんなもんかな。後半の仁井まさおあたりから、今後1970年物語に登場予定。ついでと言ってはなんだけど、次回は照和からプロデビューを果たしたバンドの紹介。岸川さんと最後に会った時、岸川さんからこういった資料が欲しいと言われた。「今度、作ります。」なんて、言ったまま、何もしなかった。そんな思いもあるものだから、急遽思い立ってまとめたわけです。あくまでも富沢一誠の「照和伝説」のように完全版ではないので、そのつもりで見てください。

いちろう 2009年1月15日






© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:35 /172565 th