1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




第25回  照和のオーディション


オーディションといっても、これといった基準があるわけではない。「門田さんがいいと思ったら合格にしたらいい。」と恵介。確かに、私一人が立ち会い、審査し、決定するのだから、いいと思わない限りステージには出せない…

長尾慎一郎がやってきた。「ちょっと、覗いていいですか。」といって会場に入る。そして、ほんとにちょっとで出てくる。「うっしっしっし…。」意味のない笑いを浮かべる…なんだ、こいつは?「妙安寺の門田さんですよね?今はマネージャー。うっしっしっし、初めまして、長尾です。やーろ、言いよっちゃろ。」…うー、わけのわからん。それから、しばらく、ワシらのそばに居て勝手にしゃべって帰って行った。「あいつ、何?何しに来たん?」。数日後、「うっしっしっし…」の笑いと共に、また現れた。それから週に2,3回。毎週、顔を出すようになった。そして、「実はバンドを組んだんですよ。出してもらえないかなぁ…と。やーろ、言いよっちゃろ。」…とぼけた奴である。
オーディションはステージが始まる1時間前、30分間のステージと私は決めていた。その日、誰よりも早く来た長尾はステージを掃き清める。サウスポーのギタリスト、ボーカルの松岡信夫。ベース長尾慎一郎、ドラムニコニコ高倉、そしてリッケンバッカー・ジョージ(仮名)。演奏が始まった。嬉しくなった。リーゼントに細めのメガネ、強面の松岡信夫の歌声にしびれてしまった。1曲目で合格決定!あとは観客として彼らの演奏するビートルズ・ナンバーを一人で楽しんだ。「ミッキーマウス」日曜日にレギュラー出演決定!

「門田さん、私たち、レギュラーで照和に出たいんやけど…」こいつらの音は何度か聞いている。「それじゃぁ、改めてオーディションするけんね。」「はーい、お願いしまーす。」
ボーカルの糸岐由紀子率いる「ティニー・ボッパー」レディース5人組のロックバンドである。やっぱし華がある、絵になる、この演奏もやっているうちに磨きがかかるだろう…。そして、なんと言っても、糸岐のミニ・スカートのステージ衣装が大きな決めてとなった。平日の夜、出演決定。

「門田先輩。僕たちフォークソング愛好会です。福大発12番、唄えます。」合格!と、かなり個人的なことで決定することもある。「クリーミー」山室、大戸、古賀、○○の4人。平日の夜、出演決定。

「飛べない飛行船」北九州のバンドで、当時ラジオ番組を持っていたりして、かなりの人気バンド。
オーディションの時に大勢のファンを引き連れてきた。仕方ないので会場に入れて、公開オーディションとなったが…結構、むかついた。演奏は上手い、かなり練習をつんでいる。あれ?これは…。コピー曲とオリジナルにかなりの差がある。「ここでやるなら、オリジナル曲をメインにした方がいい…」マネージャー兼リーダーの針尾にそう言った。「いや、僕たち毎週、出られるかどうかワカラナイ。」帰れ!

FMでDJをやっていた「ヨネ」。30分の間、ほとんどしゃべっていた。ラジオの公開生放送か?「ヨネ!しゃべるのはいいかげんして、歌え!」…今、考えると私も大人気なかった。こういう変なのがいて、よかったかもしれない。当然…没にした。

リンドンを解散して、傷心のまま博多に戻って来た田中信昭。「風来坊」に身を寄せていた。「門田さん、僕、照和に出られるかいな?」「えっ?信ちゃん、今、一人やろうもん。」「うん、だけん、ソロで出ようかと思うったい。」照和経験者という実績もある。しかし…「オーディションするけど、いい?」田中信昭がステージで「スタンド・バイ・ミー」を歌っている。「信ちゃん、もういいよ。」途中でオーディションを中止した。「信ちゃん、歌いたいなら真剣にやって。暇つぶしに出ようと思いよろう。そして…こんな時に酒なんか飲んでくるな!」肩を落として帰っていく信ちゃんを見送った。傷口に塩をぬりこんだかなぁ…。その後、信ちゃんは「レイン」を結成し「バッヂ」で再デビューしたから、結果的に良かったのだろう。信ちゃんとはオーディションの後も、変わらず一緒に飲んだり遊んだりした。

ステージに座って、ギターをボロロ〜ン。あっ、チューニング、狂っている。構わず歌い始めた。うわぁー、もういい。途中でオーディション中止。こんな時、誰でも出演させていた「歌え若者」の岸川さんの偉大さを思い知った…時々、頭を抱えている姿も思い出した。この屈強のシンガー、終わっても帰らない。「あっ、もう帰っていいよ。」「じゃぁ、俺、いつから出られますか?」「へっ?嘘やろう…」こいつ、自分のことがわかってない?傷つけないようにと思っていたが…「まず、基本のギターのチューニングが出来とらん、曲の途中でリズムが狂いよる、曲がなってない。初心者以下」「そんなことはない。俺より下手な奴が照和に出ていた。俺は見た。」と捨て台詞を残して、やっと帰ってくれた。君より下手な奴がこの世の中にいるわけがない。しかし、あいつが下手だというソロは誰だ?気になった。消去法でいくと一番近い線は…岩切?ほかにソロはいないし…いた!ワシだ!

時々、ドタキャンするバンドが出る。ピンチヒッターとして、まずサブの岩切が穴を埋める。…君はそのためにいるのだからね。この岩切が時々故障する。「したくない、唄いたくない」とわがままをいう。マネージャーの命令を無視するのだ。そこで、仕方なく私の登板となる。バンドでやってきたから一人で唄うなんて不安でしかたがなか。そんな不安はステージで現れる…冷や汗もののはじめてのソロのステージ。奴はそれを見ていたのかもしれない…


あとがき

オーディション以外にテープを持込したバンドがいた。伊万里で活動しているという。オーディションに来れない、毎週通えない…久留米から毎週通っていた「アップルトゥリー」は根性があったのだ。でも「照和」に出たい。かなり自分たちに都合のいい条件を並べている。当時、マネージャーになりたてだったので、レギュラーのバンドを優先的に出していた。「うーん、今のところスケジュールに空きはないから。」と断った。彼らが残していったテープと連絡先に「白竜」の名前があった。

いちろう 2009年1月17日






© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:37 /172573 th