1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




第26回 シャイアン族が行く


照和の平日(月〜金)の夜。2つのバンドが出演する。一応6時と8時のステージを任されたものがその曜日のメインである。7時と9時の出演者は実力と集客力をつけて、6時8時のステージを狙う。この時間差の大きな違いは、メインの8時のステージが終わった9時のステージに現れる。我々が最初に味わった苦汁…8時の甲斐よしひろのステージが終わったあと、9時のステージの時にお客さんが2、3人しか残っていなかった。ショックは大きかったが、これが発奮材料にもなった。新人バンドをどのバンドと組ませるか、出演バンドがマンネリ化しないように組み合わせを変えたり、刺激しあうように仕向けたりと、スケジュールを考えるのもマネージャーの仕事…。

当時のドル箱はなんて言ったって「シャイアン族」。とにかくお客さんを飽きさせないステージは圧巻だった。楽しくなければバンドじゃないとばかり、やることなすことステージの常識の枠を超えていた。山本初男の勘違いした二枚目気取りのしゃべりに、すかさず絶妙な合いの手を入れる松尾“金太郎”哲文。二人に突っ込まれるベースの岡田“船場太郎”公義。この3人にもう一人のシャイアン族。突然、ステージに引っ張り出されて、踊らされたりするマネージャーの森川、この4人の信頼に基づいたチームワークの良さ…。名曲「セミの歌」や「神田川・シャイアン族バージョン」などの遊びの曲、しんみりとしっとりと聴かせるオリジナル曲、たまにイーグルスのコピーなど、とにかく彼らのステージは変化に飛んで、お客さんも目が離せない。遊びを始めると、徹底していた。森川を踊らせたり、裸にさせたり、究極はピンクレディの振り付けまで…そこまでやるか。

「僕たちも妙安寺さんみたいに合宿所があるんですよ。一度、遊びに来てくださいよ。」その言葉に、さっそく乗って、遊びに行った。場所は「神学校」。小松ヶ丘の次のバス停。同じ一軒家だか、こちらは普通の民家。井上勇次や橋村など数人が同居人。自ら「神学校ファミリー」と呼んでいる。彼女なのか取り巻きのファンの女の子なのか、数人の女の子たちが当然のように屯している…ここが、ワシらと違う若さとパワー。歓迎された。歓迎の仕方も半端じゃない。勇次や橋村たち同居人は鹿児島出身。大きな薬缶に芋焼酎と氷を入れて、水のように飲んでいる。桁外れの酒の強さである。休むことを許されずコップは常に焼酎で満たされる。酔い潰れた。いや、潰された…。「門田さん、覚えてますか?昨日暴れてましたよ」雑魚寝したのは覚えている。寝苦しかったのは覚えている。何度も寝返りを打ったのも覚えている…。この寝返りが普通じゃなかったようだ。隣の奴を蹴飛ばすわ、障子を叩き破るわ…手の甲の傷はそれだったのか。

シャイアン族の対極にいたのが長渕剛。ステージで淡々と歌うだけ。お客さんも聞くだけでは息が詰まる。「俺の歌がわからないのか?」一丁前に悩んでいる。こんな奴にはショック療法。シャイアン族と組ませた。7時のステージはシャイアン族のファンで満員。剛は嬉々として歌うことに専念する。そして、9時のステージ、ワシらが最初に味わった地獄を見る…。自分に何が足りないか悟った剛。ぽつりぽつりとステージでしゃべりを始めた。もともと無口な方ではない。ステージを離れるとしゃべる奴である。ただ、歌だけで客を納得させるという、自分のスタイルを貫こうとしていただけである。しかし、お客さんがなにを望んでいるかを感じなければライブでは歌の心は伝わらない。伝わなければ人前で唄う意味がない…。剛も「カゴンマ」である。「神学校ファミリー」の同郷の同居人に手荒い歓迎を受けた。しゃべり始めた剛にファンがつくのは早かった。平日のメインに移動するまで、そんなに時間はかからなかった。


あとがき

シャイアン族、好きでした。プロなんて毛頭考えていなくて、卒業までと割り切っていたから、辞める時も潔かった。そして、なんたって取り巻き連中が、これまたいい奴ばかりで、彼らに支えられていた部分も多かったと思う。私は常日頃から、バンド以外の人間と付き合うことを勧めていた。音楽以外に見聞を広めるには重要な存在になるからだ。「照和」が終わったあとも、何かイベントがあるとシャイアン族の連中には声をかけた。彼らもいつでも駆けつけてくれた…。私が一番、彼らのステージを楽しみにしていたのだ。

いちろう 2009年1月17日






© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:46 /172688 th