1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




第32回 ロック・ディの功罪


長渕剛、仁井まさお、西田恭平に続く、輩がいなくなった。照和から飛び立とうとする気迫がない、救いようのないぬるま湯にどっぷりと漬かって満足している奴ばかり…私にはそう思える。「フォーク喫茶」という甘い響きでは、もう生き残れない。ステージで自ら切磋琢磨していくバンドのための「ライブハウス照和」を目指そう。これからロックが主流となる時勢には抗えない。ならば、中途半端な気持ちではなく、真剣にロックをやろうとしている「バンド」を育て始めなければ、ライブハウスは生き残ることが出来ない…。

森山が持ってきた「ロック・ディ」のコンサート企画に乗った。博多のロックの状況を知るためにも好都合であった。しかも貸し切り。主催者である森山達がこの日のすべてを仕切る。私と岩切は何もすることはない。一応、マネージャーとしてライブハウスの管理監督観察監視…いてもいなくてもいい。

第1回目の「ロック・ディ」終了間際、岩切が飛んできた。「門田さん、大変です。トイレが…」それで、トイレを見に行った。「やってくれたぜ、ガキ共め!」
コンサートの余韻に浸っているバンドを前に、森山に言った。「森山、コンサートは成功やった。それはそれでよかったやね。ばってん、トイレ、階段の踊り場、エレベーターの中…見たや?」「えっ、なんか、あったとですか?」「見てきてんやい。」森山はトイレに行って、帰ってきた。「見たや?どげん思う。」「ひどかですね。」「どうする?ほっといて、帰るや?」
森山の神妙さに、ほかのバンドのメンバーもうなだれて、私の話を聞いている。
「落書きしたとは、お前たちじゃないことは、わかっとう。お前たちの客たい。お前たちを応援してくれよう客たい。若いけん、羽目をはずずとは解る。会場の中で騒ごうが暴れようが、ある程度は大目に見るやね。ばってん、公共の場を汚すとはルール違反、これは許せんやね。」
「こげんな風に汚されたら、次の“ロック・ディ”ないと思いやい。それはどこの会場でも同じやろ?後はお前たちが、歌う場所をどれだけ本気で守っていく気持ちがあるかどうかやね。」
「コンサートを主催するて言うことはすべての責任を負う事やけんね。お前たち主催者は会場に対して原状回復の義務がある。…要するにもとのままにして返せというこったい。みんな、わかったや!わかったら、お前たち、みんなで掃除ばして帰れ!」
このトイレの落書きをオーナーが見たら、ライブハウスは即お終い…それでなくても、音が大きい、派手な、ケバイ格好の輩がたむろしているなど、オーナーの耳によからぬことが吹き込まれていた時である。森山にもその現状を話している。森山の号令の元、出演者全員で落書きを消し、トイレの掃除をして帰った。

2回目以降の「ロック・ディ」コンサート。見事に彼らは発表の場を自分たちで守っていった。前売りのチケットを売る時に注意して回ったらしい。友達関係で捌いていたこともあり、彼らの訴えは素直に聞き入られた。若いロック・ファンに取っても「ロック・ディ」は必要なコンサートだったようだ。出演者と観客が一体になれば、これ以上のステージはない。
「森山、さすがやね。お前の言うことは、みんな素直に聞くね。」「ええ。いい奴、ばっかりですよ。」「ところで、森山。平日の6時8時のステージ、出ちゃらんかいな?モッズやったら客が呼べると思う。」「門田さん、すいません。俺ら、一日一回のステージで燃焼しますから、2回のステージはできません。」「ばかたれ!なんが一日一回のステージで燃焼か?若いっちゃけん、2回でん3回でん、燃焼せんか!」森山からあっさり振られた…恩知らずな奴である。
「陣内、お前たちも、まさか一日一回の燃焼やら言わんやろうね?」ギター谷、鶴川、ベース穴井、ドラム宮本。そしてヴォーカル陣内。躍動感、若さ、スピード…成長株と見た。
「大丈夫です!俺ら、森やんと違いますから、一日何発でも…いや、何回でもステージはやります。
モッズに追いつき追い越せですから。」この頃、ロック・バンド、とくにのヴォーカリストの間に化粧をするのが流行りだした。美形の陣内は妖しい雰囲気を醸し出す。「ロッカーズ」レギュラー入り決定。
「照和のオーディション」編に書いた「ティニーボッパー」。西新の「いとき薬局」の看板娘いときゆきこ。ロック・バンドのリーダーと言うより「姐御」の雰囲気。ドラムの岩崎は確か17才の高校生。校則は?…知らなかったことにしよう。


あとがき

現在、ジェフの山内譲治と二人、趣味の映画で盛り上がっている。彼がブログに書いた「ストレイト・ストーリー」という誰も見ていないだろうと思っていた映画の話から火がついた。火は一気に燃え盛った。忘れていた映画への情熱(見るだけ、だけど)が再燃した。以後、彼と映画の話しでメール交換、そして頻繁にDVDを送ってもらっている。 その中に陣内孝則初監督作品の映画「ロッカーズ」があった。この時代のことを思い出しながら楽しく見させてもらった。「陣内、ロッカーズが格好良すぎ。」まぁ事実をベースにしたフィクション映画だから主役は格好良くないとね。そして、白竜演じるライブハウスのマネージャーが「お前たち、掃除して帰らんか!」のシーンで吹き出した。あれ…、俺?「掃除をして帰れ」と言われた時のことを陣内は覚えていたのだろうか?まぁ、彼にとっては照和デビューの日だったからね。

いちろう 2009年2月4日






© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:32 /172553 th