1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




第33回 風の中のノバ


照和にもアイドル・グループがいた。前任者・秋吉恵介の影響か私が引き継いだ時、「照和」には九州産業大学が多数を占めていた。仁井まさお、長渕剛、岩切みきよし、そして今回の主役「NOVA」。ノバと言えば駅前留学、その学校が有名になるずーっと前のことである。 「フォーク喫茶・照和」の王道を行くアコースティックのバンドである。メンバーは木戸一成、渡部浩司、大塚輝信、吉牟田一郎の4人。当時のライバルは強豪「シャイアン族」。彼らのお陰か、この時「照和」は最後の盛り上がりを見せていた。

さて、「1970年物語」シーズン1の第30話「五月」で、新天町にある老舗のレコード店「和光堂」の二代目・武田君の要請でレコードを作る話を書いた。「アドバルーン・レコード」として我々の後に第2弾を出したのがこの「ノバ」である。 我々が「照和」に再登場した時、木戸一成から「ノバです。妙安寺さんの後、アドバルーンでレコードを出しました。」と挨拶に来た。「ふーん、君たちがノバなんだ。で、どのくらい売れた?」「そうですね…1000枚以上は売れてると思います。」「(ワシ等の倍?)そ、そう。それは良かったね。」「妙安寺さんが最初に道を作ってくれたおかげです。」若いのに卒のない言葉。おだてに弱い私は木戸に好印象をもった。

当時の彼らの人気ぶりは「ピエロ」に匹敵するものがあった。リーダーでボーカルの木戸はフォーリーブスの北公次に似ていると騒がれていた。余談ながらうちのバンドの藤永克彦はあいざきしんやに似ているといわれていた。ワシは子門正人…いらんわい。話がそれた。
渡部、大塚とのコーラス、ハーモニーの良さが彼らの練習量をうかがわせる。人気、実力がつけば、おのずとプロ志向になる。そして、彼らにそのチャンスは早々と巡ってきた。

「ノバ」は「風の中で」でレコード・デビューを果たした。だが、東京進出ではなかった。細かな事情はしらないが、福岡で活動し、その後中央に進出という筋書きが出来ていたようだ。しかし地方都市・福岡での活動には無理がある。どんなに頑張ってもレコードの売り上げなど期待できない。レコードの売り上げが伸びない以上注目されないし、全国区のプロにはなれない。東京に背を向けて、地元で頑張るという輩はいる。しかし、それではプロとしての気迫に欠ける。全国区に出て黒白つける気概を持つべきである。地元でアマチュアの延長線上にいれば甘えが出る。ぬるま湯の中にいて出るに出られぬ状態に陥る。と、私は思う。

さて「ノバ」、自分たちの思惑と違った福岡での活動は彼らからプロの気概も気迫も奪い取っていった。4人の結束が綻び始めたのである。事務所の指示で生活費を捻出するために中州でスナックをオープンし、深夜まで働くようになった。イベントやステージが終わった後も休む暇なく店に顔を出す。私も一度、彼らの店に飲みに行った。そして彼らを見て思ったこと…なんという扱いを受けているのだろう?どういう契約をしたのだろう?4人の顔が別々の方向を向いている。疲れ、不満が顔に出る。俺たちはこんなことをするためにプロに成ったんじゃない。心の叫びが聞こえる。
まず、ベースの吉牟田が離脱した。夢と現実にあまりにも差があったのだろう。そしてハーモニーの要であった大塚も離脱。東京に出ていてもこういう生活状況になっていたかもしれない。しかし、いつでも元に戻れる地元にいるのと、そう簡単に帰れないと奮起する東京では心構えが違う。二人の離脱は当然の結果である。一人では頑張れても4人の気持ちが同じようにいられるか、バンドの難しさでもある。
ノバは木戸と渡部の二人になった。彼らは諦めなかった。そして、東京に進出した。しかし、もう昔のノバというバンドではなかった。地方都市・福岡の音楽関係者に翻弄されたバンドだったかも知れない…

あとがき

久し振りの1970年物語です。およそ3ヶ月の休筆でした。別に病気でも何でもありません。ちょっと書けなくなったんで休んでました。トップページのインフォメーションから「くれよん」の写真がなくのるが寂しかったり…嘘です。はっきり言って、この頃のこと、覚えていることがないんですよね。今回の「ノバ」のことは前から書こうと思ってましたけど、あとはなぁ…。いつ、終わってもいい状況かな。マネージャーの藤松さんの退職、「照和」の閉鎖。そしてエピローグ、最終章「照和伝説同窓会コンサート」となります。最終章に向かって、休まず書き進めましょう。
いちろう 2009年4月29日







© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/12 (Tue) 11:35 /172564 th