1970年物語−2
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語(season2)

01  菩提寺
02  Beginner's Luck
03  ミルキー・パトロール
04  サウンド・インパルス
05  この木何の木
06  ハッピー・フォーク
07  東 京
08  岸川さんのユウウツ
09  オニマ〜ルです。
10  唐津・虹の松原
11  リアカー部隊
12  カウントダウンライブ
13  小松ヶ丘を後にして1
14  小松ヶ丘を後にして2
15  城島高原キャンプ場
16  居候
17  再出発
18  渡辺プロダクション
19  解散.コンサート
20  風来坊
21  最後のマネージャー
22  照和出演バンド一覧-1
23  照和出演バンド一覧-2
24  照和出身ミュージシャン
25  照和のオーディション
26  シャイアン族が行く
27  俺はツヨシだ!
28  追い詰められるライブハウス
29  キヨさんに会ったらよろしく
30  泣き虫タツヤ
31  森山達也
32  ロック・ディの功罪
33  風の中のノバ
34  終焉の足音
35  1978年11月30日木曜日
<最終章>
01 1979年
02 伝説のはじまり
03 コンサート
04 同窓会コンサート
05 照和伝説同窓会コンサート1




妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS




最終章 第1回「1979年」


20代最後のこの年、私は人生最大の危機を迎える。「30歳まで好きなことをしよう」それを実践したツケが怒涛のように現れた。大学を一応、卒業したものの、卒業から5年余り経過。社会経験なし、技術なし、免許なし…ないない尽くしのもうじき30男。やる気だけでは、世間は認めてくれなかった。半年間で2〜30通の履歴書は送った。うち、面接をしてくれたのは半分以下。しかも、やる気なさ丸出し…。まるで「アリとキリギリス」。アリさんは言う「どうしてバンドをやめたの?僕たちは一生懸命働いていたもんね。」キリギリスには返す言葉もなく、気力が失せていった。そうか、世間というものはそういう風に見ていたのか…いやいや、キリギリスなりに頑張っていたんだ。結果が出なかったからといって、アリにそう言われる覚えはないわい!

今で言えば「引きこもり」かなぁ?落ち込んだなぁ…。この頃、西公園の下にアパートを借りていた。家賃はどうやって払っていたんだろう?多分、思い出したくないから…覚えていない。人に会ってもいい顔が出来ないから、誰にも会わなかった…というようなことを思っていた。でも、会いに来てくれる人には作り笑顔…でも、見え見えの笑顔、かな?
榎本紀代。紀代さんが一升瓶を提げてやって来る。この当時、紀代さんと飲むと一升瓶一本じゃ足りなかったのだ。紀代さんとはただただバカ話をしながら、延々と夜明けまで…楽しかったし、嬉しかった。坂田修一。修ちゃんが一升瓶を提げてやって来る。この当時、修ちゃんと飲むと一升瓶一本じゃ足りなかったのだ。修ちゃんとはただただ、黙って…飲んでいた。まぁ、それが修ちゃんだし、嬉しかった。

どういうわけか、親父がやって来る。馬鹿息子を心配してくれていたのだろう。「イチロー、昼飯食うたか?」「うんにゃ、まだ。朝飯も食うとらん…。」「よし、なら、鰻ば食いに行こう」親父は何故か鰻が大好物なのだ。…後年、親父が入院した。見舞いに行くと「イチロー、腹が減っとうと、鰻が食べたか」という。都合の良いことに、病院の前に鰻屋があった。さっそく持ち帰りの鰻の弁当を買ってきた。親父はそれを美味そうに食べる。その夜、兄から電話があった。「お前、親父に何ば食わせたとか?」「いや、なんも…」「嘘つけ!親父が白状したとぜ。一郎から鰻ば買うて貰うたて。」「ええ、まぁ、親父が食いたいって言うけん…」「馬鹿タレ!親父は検査のため食事をしとらんやったったい。何も食べ取らんとに下痢したけん、医者が大騒ぎたい。」「そげん、言われても…。ワシ、検査とか知らんやったし…」首をかしげる医者に親父がポロリと一言「昼、食った鰻のせいかいなねぇ」。兄は医者に呼び出され、検査の段取りが狂ったことをこっぴどく叱責されたらしい。「あなた方は、お父さんを殺す気ですか」とまで言われたらしい。

鰻を食べた帰りに市場の総菜屋に行って、弁当を二つ買う。「さっき、食ったばかりやないね。」「お前の晩飯たい」そう言って親父は帰っていく…。こういう時、普通の親なら小遣いをそっと呉れるのじゃないか?弁当はなかろうもんと、その夜、弁当を食べながら思ったものである。
「門田さん。残念ながら今回は採用を見合わせていただきます。でも、もう一度挑戦してみませんか?」「はい?」「経験も技術も問わない。あなたは中途採用者で営業に回されます。営業マンに最低限必要なのは運転免許です。あなたにはそれがない。」唯一、親身になってアドバイスをしてくれた某不動産会社の部長さん。彼の言葉は有り難かった。で、さっそく自動車学校に…。落ち込んでいた時期で、あまり熱心ではなかったこともあり、人より倍のお金と時間をかけて半年後にやっと免許を取った。







© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:46 /172690 th