1970年物語−1
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語

◆1972年--------
01 妙安寺FamilyBand
02 歌え!若者
03 学園祭
04 師走

◆1973年--------
05 小松ヶ丘
06 留年
07 家出
08 福大発12番線
09 部室
10 合宿所
11 照和
12 甲斐よしひろ
13 フラワージャンボリー
14 フォークソング・コンテスト
15 田原典明
16 ワンマン・コンサート
17 打ち上げ
18 交差点の世界
19 NHK福岡総局
20 石橋凌
21 七隈祭
22 21人の晩餐会
23 続・21人の晩餐会

◆1974年--------
24 思春期/甲斐よしひろ詩集
25 甲斐バンド結成
26 ピエロの解散
27 萩野和人と仲西永明
28 夏の合宿・杉野井パレス
29 都城・恐怖の開かずの間事件
30 五月
31 藤瀬竜二の父
32 赤木商店
33 オーディション
34 ミスター・ドーナツ
35 いざ、築港へ
36 Take It Easy
37 フライド・チキン
38 九州ツアー・サマーフォークコンテスト



妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS



1970年物語/第六話

          by/門田一郎


「留年」

思えば大学4年になってバンドをはじめる奴はいない。もともと久保と二人で作った遊びのバンドのはずだった。それがメンバーが勝手に入ってきて真面目にバンドをはじめてしまった。その結果、ラジオや学園祭に呼ばれたりしてその気になってしまったし、いつのまにかクラブの中心(長老とも呼ばれた)的存在にもなっていた。

そんな馬鹿さ加減も手伝って、この一年ほとんど授業には出席していなかった。10科目のうち6科目を履修すれば良いという安直な考えと、卒業試験だから手心を加えてもらえるという安易な考えで、受ければ何とかなると思っていた。そしてもしもの場合を考えて親父には伏線をうっていた。
「父ちゃん、もしかすると留年するかもしれんばい。」
「留年ちゃ、何か?」
「ハレ…、落第のこったい。」
「やっぱぁ、お前には大学の勉強は無理やったばいなぁ…」
…そこまで言うことはないと思うのだが、自分の能力を知り、子供を過信しない偉大な親父であった。
「あと一年行くかも知れんばってん、良かね?」
「良かばってん、そんときゃ自分で学費は払えよ!」
「ム、ム、ム…」

試験の結果、3科目12単位が不足した。つまり3科目12単位しか履修できなかったのだ。うんにゃ!まだまだ、追試験という救いの道があるのだ。確か3科目12単位まで追試が可能なはずだった。追試験の手続きのために教務課に行った。
「君は今年の『学生便覧』を見ていないのかね?」
私は差し出された『学生便覧』のページに目をやった。
ありゃ、本年度より追試験の受験は2科目8単位に変更されていた。
万事休す!留学が決定した。
よっしゃ、こうなったらもう一年、バンドをやって楽しもう。





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:41 /160007 th