1970年物語−1
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語

◆1972年--------
01 妙安寺FamilyBand
02 歌え!若者
03 学園祭
04 師走

◆1973年--------
05 小松ヶ丘
06 留年
07 家出
08 福大発12番線
09 部室
10 合宿所
11 照和
12 甲斐よしひろ
13 フラワージャンボリー
14 フォークソング・コンテスト
15 田原典明
16 ワンマン・コンサート
17 打ち上げ
18 交差点の世界
19 NHK福岡総局
20 石橋凌
21 七隈祭
22 21人の晩餐会
23 続・21人の晩餐会

◆1974年--------
24 思春期/甲斐よしひろ詩集
25 甲斐バンド結成
26 ピエロの解散
27 萩野和人と仲西永明
28 夏の合宿・杉野井パレス
29 都城・恐怖の開かずの間事件
30 五月
31 藤瀬竜二の父
32 赤木商店
33 オーディション
34 ミスター・ドーナツ
35 いざ、築港へ
36 Take It Easy
37 フライド・チキン
38 九州ツアー・サマーフォークコンテスト



妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS



1970年物語/第七話

          by/門田一郎


「家出」

「家出」というとなんとなく悲壮感が漂う。しかし私の場合は留年したし、バンドの合宿のためにただ単に「家を出た」だけのことだから「家出」などと大袈裟に書く必要はない。まぁ良く言えば「自立」の道を選んだのである。

おふくろが私が中学の時に死んでから10年、愚れなかったというだけで親父にとって私は孝行息子だったらしい。高校時代は夜学に通って昼間は家の手伝いをした。かといって親父の代わりにお経を読んだわけではない。本堂の掃除から境内の掃除、墓掃除。お寺に参拝に来る檀家のおじいさん、おばあさんにお茶を出したり話し相手になったり、…まぁ小坊主みたいなものだな。

親父は私を呼ぶ時に「いちー!」と叫ぶ。…犬じゃないんだからね、俺は。
「お坊ちゃん、なにか悪さをなさったんですか?お上人が怒ってますよ。」親父の私を呼ぶ声を聞いた檀家のおばぁちゃんが心配そうに聞いてくる。
「いえいえ、ご心配なく。お上人は機嫌が良いほど大声になるんですよ。」と、答えつつ私は親父のもとに一目散に走り出す。…やっぱり犬か、俺は。
そんな檀家さんからは「良く出来たお坊ちゃんで…」とおほめの言葉と賽銭代わりに時々小遣いをもらった。

朝は姉が朝食の用意をして学校に行く、昼に私が買い出しに行って夕食の用意をして学校に行く。我ながらほんとに良い子だったな。大学に入った時には次兄が家に戻ってお寺の後を継ぎ、結婚までしてくれた。兄嫁という女神が私から家の仕事を解放してくれた。それでも親父は「いちー!」と叫び、私を呼びつけるくせは治らなかった。

何をするにも反対しない親父であったが「家を出る」とは言い出せなかった。そこで「今日は友達の所に泊まってくるから」と言って少しづつ荷物を持って出かけた。それを何度か繰り返し、最後に布団を持って家を出た。後で姉から事情を聞いた親父は「あのアンポンタンが」と一言いっただけだった。





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:45 /160033 th