1970年物語−1
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語

◆1972年--------
01 妙安寺FamilyBand
02 歌え!若者
03 学園祭
04 師走

◆1973年--------
05 小松ヶ丘
06 留年
07 家出
08 福大発12番線
09 部室
10 合宿所
11 照和
12 甲斐よしひろ
13 フラワージャンボリー
14 フォークソング・コンテスト
15 田原典明
16 ワンマン・コンサート
17 打ち上げ
18 交差点の世界
19 NHK福岡総局
20 石橋凌
21 七隈祭
22 21人の晩餐会
23 続・21人の晩餐会

◆1974年--------
24 思春期/甲斐よしひろ詩集
25 甲斐バンド結成
26 ピエロの解散
27 萩野和人と仲西永明
28 夏の合宿・杉野井パレス
29 都城・恐怖の開かずの間事件
30 五月
31 藤瀬竜二の父
32 赤木商店
33 オーディション
34 ミスター・ドーナツ
35 いざ、築港へ
36 Take It Easy
37 フライド・チキン
38 九州ツアー・サマーフォークコンテスト



妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS



1970年物語/第十四話

          by/門田一郎


「フォークソング・コンテスト」

「フラワー・ジャンボリー」は大成功に終わった。大成功に終わったけど儲けはなかった。なんたって入場料が99円なんだから…。この頃、100円以上の入場料に対して税金がかかっていたのでアマチュアのコンサートは99円が多かった。それでも「フラワー・ジャンボリー」は10万円以上の売上があったのだから大成功なのである。しかも半年後、ゲストを呼ばずにクラブのバンドだけで行なった2回目のコンサートも成功し、福大フォークソング愛好会の「フラワー・ジャンボリー」というコンサートは一人歩きするようになる。そして我々「妙安寺ファミリー・バンド」はこの2回目のコンサートを最後に福大フォークソング愛好会を引退する。

「全国アマチュア・フォーク・コンテスト」というのがあった。当時はいろんなコンテストが行なわれていたからこういう名前だったかも知れないし、違っているかも知れない…なんとも無責任な私なのである。KBCラジオの岸川さんからこのコンテストに出ないかという話が来た。KBC九州朝日放送のネットワークで全国規模のコンテストが行なわれていた。第一回大会は「リンドン」が出場し、全国大会まで進み3位に入賞した。その結果「ヤング・ジャパン」という、当時は『アリス』や『バン・バン』などが所属しているプロダクションに声をかけられプロ・デビューするところまで来ていた。

「まぁ、落ちてもともと」という気持ちとリンドンが入賞したのなら「落ちるわけにいかない」という気持ちでコンテストに臨んだ。いきなり九州大会である。地区予選などないところがいい。九州の朝日放送系列5社からの推薦で九州各県から2〜3バンドが出場する。司会は『南こうせつとかぐや姫』。ゲストに里帰りの『チューリップ』と大人か子供か分からない『イルカ』など当時の人気バンドが出演するため会場の電気ホールは超満員で立ち見までいる。およそ1800人。こんな人数の前で唄うのははじめてである。

今でこそ人間が図太くなった…ような気がするが、私は人前に出ると緊張する人間なのである。私以上に緊張するのが「バンジョー」の藤永克彦。コンサートで緊張のあまり指が動かなくなって「指がかじかんでしまって…」と言い訳しながら手に息を吹きかけるような奴なのである…真夏なのに。ステージに出て司会の南こうせつからバンドの紹介を受ける。横を見ると藤永が緊張しているのが伝わってくる。まるで金縛り状態。手先が震えている。膝が笑ってる。「こいつ、大丈夫かな?」と藤永に気を取られているうちに久保のギターのイントロが急に始まった…ような気がした。あら?歌詞が出て来ない。最初は何だっけ?私はパニックに陥った。もうすぐ歌が始まる。あぁ、歌詞が出て来ない!

「忘れたぁー!」私は思わずステージで叫んでいた。満員の会場が一瞬シーンと静まりかえる。南こうせつがステージの横から飛んでくる。「おや、おや、おや〜。どうしたんですか、今のは?」「す、すみません。歌詞を忘れてですね。つい、発声練習をしてしまいました。」私が答えると会場から笑いと声援が起こった。藤永を見ると緊張も解けて笑っている。私もリラックスして来た。「じゃぁ、もう一度始めから、歌詞を思い出してしっかりやって下さいね。」

「すまんね。ほんとに歌詞ばど忘れしてしもうたやね。あれが、なけりゃ演奏はうまくいったとにね。ほんと、すまんやった。」控え室に戻ってバンドの皆に頭を下げる。コンテストではやり直しは効かない。間違えれば終わりである。「でも、門田さん。ぼく、あれで気が楽になってくさ。楽しゅう演奏できたもんね。」と藤永。…そりゃ、そうだろうよ。「まぁ、コンテストちゃ、こんなもんたい。門田、気にせんで良かぜ。それより客席に行ってゲストの演奏ば見に行こう。」審査の間、ゲストの『チューリップ』『イルカ』『南こうせつとかぐや姫』のステージが行なわれる。コンテストは二の次でお客さんは彼等の演奏を見に来ている。

全国大会には九州代表として2バンドが東京に行ける。「入賞は…」審査結果の発表の時、我々はステージの隅に並んで、気楽に会場を眺めたり、小声で話をしていた。「…妙安寺ファミリーバンドはいませんか?」「あ?ハイ。」私たちは名前を呼ばれていた。九州代表となり全国大会に進んだ。





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:46 /160040 th