1970年物語−1
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語

◆1972年--------
01 妙安寺FamilyBand
02 歌え!若者
03 学園祭
04 師走

◆1973年--------
05 小松ヶ丘
06 留年
07 家出
08 福大発12番線
09 部室
10 合宿所
11 照和
12 甲斐よしひろ
13 フラワージャンボリー
14 フォークソング・コンテスト
15 田原典明
16 ワンマン・コンサート
17 打ち上げ
18 交差点の世界
19 NHK福岡総局
20 石橋凌
21 七隈祭
22 21人の晩餐会
23 続・21人の晩餐会

◆1974年--------
24 思春期/甲斐よしひろ詩集
25 甲斐バンド結成
26 ピエロの解散
27 萩野和人と仲西永明
28 夏の合宿・杉野井パレス
29 都城・恐怖の開かずの間事件
30 五月
31 藤瀬竜二の父
32 赤木商店
33 オーディション
34 ミスター・ドーナツ
35 いざ、築港へ
36 Take It Easy
37 フライド・チキン
38 九州ツアー・サマーフォークコンテスト



妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS



1970年物語/第二十話

          by/門田一郎


「石橋凌」

この頃、久留米に「アップル・トゥリー」というバンドがいた。久留米で絶大な人気のあった彼らも毎週「照和」に出るために久留米から車で通っていた。…久留米といえば松田聖子やチェッカーズが有名であるが彼等がまだ中学生くらいのころの事である。リード・ボーカルは「石橋秀樹」。今は俳優、ARBのボーカル「石橋凌」である。彼等の本拠地である久留米のライブハウス「松の湯」に出ませんかと秀樹から誘われて我々は何度か出演した。それが縁で久留米で「アップル・トゥリー」と「妙安寺ファミリーバンド」のジョイント・コンサートをやろうという話になった。会場は世界のブリジストンで名高い「石橋文化センター」小ホール。…ちなみ同じ石橋という名前だがブリジストンと秀樹は親戚ではない。コンサートの準備はアップル・トゥリー・ファミリーと呼ばれる彼等の友人たちがすべて取り仕切ってくれたので我々はゲストとして呼ばれたようなものである。

「秀樹、悪いけどワシ等、1時から1時間くらい抜けたいとばってんが…」
「本番は3時からだから妙安寺のリハの時間をずらせばなんとかなると思うけど…。
何かあるんですか?」スケジュールの変更は早めに言わなければスタッフに迷惑をかける。しかし当日のスケジュールはその場で聞かされるものである。
「いや、たいした用じゃないけど…先月NHKで収録されたやつが今日の1時からテレビで放送されるっタイ。それば見ようと思うてくさ…。」この時代テレビに出るということは大変な出来事なのである。親戚縁者はいうに及ばず、ありとあらゆる友人知人に連絡をしなければならなかったし、ビデオが普及していない頃だから放送を見逃すともう二度と見ることは出来ないのである。
「えっ、ほんとですか?それなら僕らも見たいですよ。」秀樹はスタッフに言って、会場にテレビを持ち込ませた。スケジュールを変更し、1時になると昼食時間となり、全員に弁当が配られテレビのスイッチをオンにした…

その日は皇太子殿下ご夫妻が会場に来ることで緊張した雰囲気が漂っていた。見るからに警察の警備関係者が目立つのである。テレビのリハーサルは午前中で終わった。以後楽屋に缶詰にされ皇太子殿下が帰るまで「ホール付近に近寄ってはならぬ」というお達しが出された。…というのを私は聞いていなかった。
電話をかけるために私は楽屋を脱け出しロビーに向かった。ホールのロビーには人っ子一人、誰もいなかった。公衆電話はロビーの隅っこにあった。
「もしもし、門田です。今、リハーサルが終って…」と相手に話しかけた時、突然ホールのドアが開いてスーツ姿のSPが2〜3人出てきた。そして私を見て何か咎めようとした時にドアから皇太子殿下が現われた。…ガチーン!私の体は受話器を握ったまま直立不動に固まった。SPの態度で不審に思われたのか皇太子殿下が私の方を見た。でもそのお顔はにこやかに微笑みを浮かべられていた。続いてすぐに美智子妃殿下が姿を現わし、皇太子殿下と同じように私を見て微笑まれた。私は一瞬、土下座して挨拶をしようかと思ったが体が硬直状態で45度の前傾姿勢を取るのが精一杯だった。「もしもし、どうしたの?もしもし!」受話器の向こうから相手の声がロビーに響くように聞こえる…。
電話を切って素早く楽屋に戻ってみんなにこの話をした。
「門田さん、よう見つからんやったね。」「何が?」
「ロビーに上がる階段のところに警備の人がおらんやった?」「誰もおらんやった。」
「皇太子殿下が帰るまで楽屋を出たらいかん、て言われたろうが?」
「知らん。聞いとらんやった。」とにかく後はSPに撃たれなくてよかったとか、後から捜査が入って捕まるとか、いつものばか話になっていくのだが私の頭の中は皇太子殿下と美智子様が私一人に微笑まれ、私もお二人に微笑みを返した?という興奮状態にあった。

「何、これ?原曲とぜんぜん違うのね。」我々の歌を聞いていた雪村いづみ。
「ええ、そうなんです。すみませんね。ワシ等この曲の原曲ってあまり聞いたことないもんですから…。」と口で言っているが何も気にしていないワシ等。
「でも、原曲よりあなたたちの歌の方が楽しいわね。気に入ったわ。」
彼女の言葉で横にいたディレクターの源領さんの顔がやっとほころんだ。
「雪村さん、これ歌詞カードです。」日本語に書き換えた歌詞カードを渡す。
「じゃぁ私はこの部分から入って、ここを唄って…。ここは門田君だっけ?あなたと一緒に歌いましょう。ああ、それから私にも何か楽器を貸して。」
「あのぉ、これ楽器のうちに入るかどうか…」木下が手作りのカズーを渡す。
「何なの、これ?」雪村いづみは手にとって不思議そうに見る。
「一応、カズーなんですけど…」木下が同じ物を口に咥えて音を出す。
「キャッハッハッハー、あなた達って変なもの使ってんのね。面白ーい。」
その他、木下の得意技スプーン叩きに感心するし、これも手作りのウォッシュ・ボードを叩いて喜んだり、雪村いづみは気さくでいい人だった。彼女は歌詞カードを見ながら2〜3回歌とカズーの練習して本番に入った…。

私はその日のことを思い出し「アップル・トゥリー」のメンバーやスタッフと弁当を食べながらテレビを見ていた。テレビで見る雪村いづみは源領さんの言ったとおり楽しそうだった。
「門田、ありがとうな。彼女、喜んでいたよ。楽しかったって」源領さんの心配も杞憂に終って良かった。
「門田さん、このテレビを見た人がいたら今日のコンサートに来たかったでしょうね。」秀樹がテレビを見ながら残念そうに言った。
「まだ時間があるけん、もしかしたら今から来てくれるかも知れんね。よーし、みんな、コンサートも頑張ろう!」





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:45 /160036 th