1970年物語−1
| TOP | 1970年物語 | 1970年物語2 | ぼくのくぼ物語 | 友達辞典 | SONGS | 資料 | PHOTO | DISCOGRAPHY | LINK | BBS | CONTACT |


1970年物語

◆1972年--------
01 妙安寺FamilyBand
02 歌え!若者
03 学園祭
04 師走

◆1973年--------
05 小松ヶ丘
06 留年
07 家出
08 福大発12番線
09 部室
10 合宿所
11 照和
12 甲斐よしひろ
13 フラワージャンボリー
14 フォークソング・コンテスト
15 田原典明
16 ワンマン・コンサート
17 打ち上げ
18 交差点の世界
19 NHK福岡総局
20 石橋凌
21 七隈祭
22 21人の晩餐会
23 続・21人の晩餐会

◆1974年--------
24 思春期/甲斐よしひろ詩集
25 甲斐バンド結成
26 ピエロの解散
27 萩野和人と仲西永明
28 夏の合宿・杉野井パレス
29 都城・恐怖の開かずの間事件
30 五月
31 藤瀬竜二の父
32 赤木商店
33 オーディション
34 ミスター・ドーナツ
35 いざ、築港へ
36 Take It Easy
37 フライド・チキン
38 九州ツアー・サマーフォークコンテスト



妙安寺FamilyBand-TOP

PHOTOS
DISCOGRAPHY
資 料
SONGS
1970年物語
1970年物語2
ボクガクボぼくのくぼ物語
妙安寺友達辞典
LINKS
BBS



1970年物語/第二十九話

          by/門田一郎


「都城・恐怖の開かずの間事件」

「門田さん、お客さんです。」一回目の『照和』のステージが終って、楽屋で休憩しているとマネージャーの小宮が私を呼びに来た。上に行くと学生風の男性二人が私を待っていた。
「はじめまして。私は都城の『千夢企画』の井上と言います。実は妙安寺ファミリーバンドをメインにしたコンサートを企画しまして…、それで突然で申し訳ないんですが皆さんに都城の方に来ていただけないかとお願いに上がったのですが…」
「都城って宮崎県の都城?」…他に都城はない。「へぇー、それでわざわざ都城から来たの?でもワシ等がメインになってコンサートやっても、お客さんが入るね?」やや不安気に聞く。「大丈夫です。妙安寺は都城でも有名ですから…」…うふっ、嘘でもそう言われると嬉しい。「何で?ワシ等は都城に行った事ないし、なして有名なわけ?」「去年レコードを出されたでしょう?『交差点の世界』という…あの中で妙安寺の曲がラジオでよくかかってるんですよ。」

宮崎は九州でも「陸の孤島」と言われているくらい交通の便が悪い所である。博多から特急で7時間は優にかかる。都城…九州人は「みやこのじょう」を「ミヤコンジョウ」と発音する。余計なついでに、藤永の故郷・熊本の八代(やつしろ)は「ヤッチロ」と呼ぶ…はそれよりもっと南に位置する。そんな「陸の孤島」のもっと離れた所からわざわざ出演依頼にやって来た彼等の誠意に応えなければ人間じゃない。アゴ・アシ・マクラ…先月号で勉強しましたね、読者のみなさん。…とギャラは気持ちで、ということで出演することになった。

『千夢企画』は「都城高専」の学生たちが作っているサークルで自分たちも楽しみながらコンサートの企画をしている。我々は夜行の寝台列車で都城に向かった。翌日の昼前に着くと10名近くのスタッフが出迎えてくれた。車に案内されるまで楽器は運んでくれるし…まるでスター扱いである。「うわぁ。何ね、あれ?」迎えに来た車の中に宣伝カーがある。車体にデカデカと我々のバンドの名前が書いてある。おまけにスピーカーから我々の歌を流している。
「まさか『これに乗れ!』なんて言わんやろうね?」「あははは、まさかそこまでは…。あれには楽器を積みますから。」

「今回のコンサート、反応がいいんですよ。前売りも結構売れてますしね。明日が楽しみです。」そんなことより選挙カーじゃないんだから前を行く宣伝カーをなんとかして欲しい。昼食を食べ終わって「会場の下見をしたい」と言うと会場の「都城市民文化会館」に案内してくれた。これがまた恐ろしく古い建物である。しかもデカイ。キャパも立ち見を入れると2000人は越すという。会場では明日のコンサートの仕込みが行なわれている。

「あのぉ、宿泊の事なんですが…。申し訳ないんですがホテルを取る余裕がなくて…、私たちの家に泊っていただけますか?」「ああ、そんなことは問題ないよ。ワシ等、雨露がしのげれば何処でもいいから。」お互いにアマチュアである。協力出来る事はなんでもしてあげよう。「あー良かった。ありがとうございます。実は我々が事務所代わりに借りている一軒家があるんです。今夜はそこに泊っていただきます。」 翌朝。コンサートは昼の一時から。「あらー、ついてない。雨だ。」朝起きると雨が降っている。雨が降ると客の出足が鈍る。ところが、これがなんと会場は超満員になった。宣伝カーの効果があったのだろうか?地元のバンドが2〜3バンド出演して我々の出番になった。二階席まで埋まっている。こんな大勢の観客の前で唄うのはコンテストの時以来である。別府・杉乃井パレスの合宿の成果を充分発揮することが出来て、久し振りにステージを楽しむ事が出来た。

「いやぁ、ありがとうございます。大成功です。この雨の中で2000人以上は入りましたからね。前に井上陽水さんを呼んだんですけど1500位でこんなには集まらなかったんですよ。」…おい、そんな話は聞いてないぞ。「おかげで事務所に電話を引く事が出来ます。それに皆さんには…飛行機で帰ってもらいます!」…現金な奴等め。でも正直で可愛い。受取ったギャラにも彼等の気持ちが充分に込められていた。
翌日の『照和』のステージに間に合うように帰りも夜行の寝台車の予定だったが、急遽飛行機に変更になったので残念ながらコンサートの打ち上げに参加出来なかった。しかも飛行機の時間が迫っていた。空港まで2〜3時間はかかるという。二台の車に分乗してそのまま宮崎空港に向かった。

「ねぇ、運転手君(…自己紹介してもらったけれど人の名前はすぐに忘れる)。昨日泊った家だけど家賃はいくら位?」車の中での沈黙は重苦しい。何かしゃべらなければ運転している人間に悪いという気持ちになる。そして知らない人間と話す時は共通の話題を探さなければいけないのだ。
「いくらと思いますか?」
「そうね、ワシ等も合宿所として一軒家を借りてるけど…うちは2万2千だけど、うちより広いし、きれいだから、でも都城の価格だから、高く見積もって1万8千ってとこかな。」
運転手君はミラー越しに私を見て「うふふふ…」と奇妙な含み笑いをする。そして「あの家はですね…」と間をおいて「タダなんです。」といきなりトーンを押さえた喋りをする。
「タダ?無料?家賃なし?なして?」
「うふふふ…」再び奇妙な含み笑い。「ゆうべ、あそこに泊られて?何か…気づきませんでした?」…ほら来たぞ。タダより高いものはない。
曰く因縁、大有り(尾張)名古屋は城で持つ。

「うーん、ゆうべあの家で気づいた事といえば異常にハエが多かったことかな」 「やはり、あのハエの多さには気づかれましたね。他には?」声のトーンが低く怪しげになる。
「うーん、他にねぇ…昔懐かしい五右衛門風呂だった。」
「ほう、だいぶ近づきましたね。うふふふ」…その奇妙な含み笑いはやめろ!
「そう言えば風呂場の前に襖があったけど開かないようにしてあったね。」
「ピンポン、ピンポン、ピンポーン。」と言った拍子に車のスピードが上がった。
「そうなんです。あの家がタダというのはあの『開かずの間』があるからなんですよ。」
良かった。声の調子も車のスピードも普通に戻った。

彼の話によると、何年か前にあの家で首吊り自殺があった。しかも自殺したのはいいけれど死臭が家の外に漏れ出して通行人が通報してやっと発見されたという。家中に死臭が漂っていたけれど死体があったあの部屋だけは未だにその匂いが消えないらしい。それで『開かずの間』として封印しているという。未だにハエが多いのもその名残じゃないかという話である。我々はそういう事情もつゆ知らず『開かずの間』と襖一枚隔てた所に布団を並べて寝かされたのである。
「お前等、一生幽霊に祟られろ!」と言って私は運転手君の首を絞めた。





© since 2003 Myoanji Family Band/当WEBサイトの画像およびテキストの無断転載はお断りいたします。 2017-12/14 (Thu) 07:42 /160013 th